send link to app

HAZARD MAPめ組は、災害時に危険区域と自治体からの情報を連携させ、避難行動を支援するアプリです。
平常時は、ひとめでわかる防災マップとして活用できます。

本アプリは、自治体様が、システムをご導入頂き、事前に防災地図情報(危険区域、避難所等)を設定する必要がございます。

ご導入いただいた場合、住民向けに以下機能がご利用可能となります。
≪アプリ機能≫
・GPS機能により、危険区域に居た場合、プッシュ通知でお知らせします。
・GoogleMapを使用して自分の現在地をはじめ、危険区域・避難所等が
  アイコンと色分け表示されます。
・避難施設の開閉状況がひとめでわかり、確実な避難が可能です。
・公共情報コモンズ(Lアラート)と連携し、いち早い情報が取得可能です。

ご導入に向けてご興味をお持ちの方、また導入自治体の状況などは、ホームページをご覧ください。